2014年11月25日

大阪市立大学 大学院で講演

大阪市立大学の近勝彦教授とご縁があり同修士課程で講演の依頼をいただいた。
大阪市地域創造ファンド助成事業の最終審査プレゼンテーションで審査委員長を担当されたのが近教授で、プレゼン内容が同校の趣旨にあったのがご依頼の理由だ。

大阪市立大学創造都市研究科修士課程は関西都市圏の活性化を目指し高度なプロフェッショナルの養成と問題解決型「知の創造」に取り組んでいる学科である。
講演テーマは「マリンビジネスの新しい事業開発」ではあったが、創造都市研究科の中核科目である起業と経営理念も盛り込んだ100分を担当させていただいた。

経済白書のデーターによると新しく創業した会社は1年以内に25%が倒産、3年後の生存率が50%、10年スパンでは何と75%が廃業を余儀なくされている。
倒産理由を「資金」、「人脈」、「時代の流れ」 から分析し、企業が繁栄するにはの観点から実体験を交えたお話しをさせていただいた。
職業がら高額商品であるクルーザーを所有されるオーナー様と長年に渡りお付き合いをさせていただいている。
短期間で船手放す方もあれば定期的にグレードの高い船に乗り換えるオーナーもおられる。
自社のビジネスを発展させ続ける経営者が後者のオーナー様で一定の法則があるようにお見受けする。

以前、食品メーカーの社長さんから興味深いお話しをいただいた。
「自社売り上げの30%は新商品で構成されている。新商品を開発し続けないと倒産の年月が逆算できる」 と。
どんな製品、サービスでも時代の流れがある以上、未来永劫はありえない。
今が旬のビジネスほど将来の危機に備える必要があると気づかなければならないのだ。

講演は以下のようにまとめてみた。
@ 自分好き人間は仕事に失敗がつきまとう。人好きに人間になれ。
A 人との出会い、交流を大切にする人であれ。
B 時代の流れを読める経営者になれ

ひょうんなご縁から今回の公演の機会をいただいた近教授に感謝を申し上げます。

1416555729689.jpg


posted by mizunomarine_gm at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

大阪地域創造ファンド事業認定!

東日本大震災以降、ミズノマリンでは長年培った救命艇整備のノウハウを技術を駆使した新規事業、
救命艇シェルターの開発を進めている。
近未来に発生が予測されている南海トラフ地震の被害想定を少しでも軽減させる事が事業の目的だ。
ただ “近未来” ほどあやふやな言葉はない。
今日かもしれないし10年先かもしれない。

締切のある事項に対して人は計画的に動くが、納期が漠然と近未来であれば、あとは情熱で進めるしかない。

IMG_6459.JPG

このたびミズノマリンの救命艇シェルター事業がおおさか地域創造ファンド豊能地域支援事業に採択されました。
大規模災害に対する備えが高く評価されたのです。

ボートショーでも出展した試作艇モデルを基に、本フェンド資金を活用して、さらなる強度と利便性を兼ね備えたモデル
を開発いたします。
2014年度に設計を完了し、2015年度にはニューモデルを完成させる計画です。
締切のない計画は口外しまくって自分を突き動かす手法です。

「わが社には救命艇シェルターがある」 水際で働く人々の守護神的な役割が理想です。
出来れば一生実用されたくない艇ではありますが、一日も早い完成を目指します。
地域創造ファンドの期待を裏切ることのないように。
posted by mizunomarine_gm at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

1日のONとOFF

年に数回ヨーロッパのシップビルダーやエンジンメーカーを訪問する。
出勤は7時か8時と少々早起きだが、会社によっては15時に終業する。
こんな時間に帰って何するの?
日本人の愚問に笑顔で答えてくれた。
スポーツやガーデニング等、趣味を楽しむ人が多いかな。
出世を目指す人は勉強しているよ。
あと仲間で集まる事が多いかな。誰かの家だったりマリーナの船だったり。

確かにヨーロッパーの船は冬が厳しいことと相まってメインエンジンの運転時間は年式の割に短い。
ただ発電機の稼働時間が半端なく長い。
船というより社交場として使われる機会が多いと察しがつく。

先日豊中商工会議所スタッフの皆様と顧問税理士岡本会計事務所の皆様で「アフター6クルーズ」に出かけた。
「会議所の仕事は締切の迫る業務が多くけっこう大変なんです」 そんな雑談の中から生まれた企画で、本年
で2回目となる。
ヨーロッパーの良き慣習を見習い、仕事を終えてからの時間を存分に楽しもうといったコンセプトだ。

18時20分、芦屋マリーナ集合。
逆算すれば遅くても17時代には仕事を完結しなくてはならない。
船の場合、「仕事が終わり次第参加するから・・・」は通用しない。
楽しい企画が夕刻にあると朝から仕事の効率が上がること!!! ほんととんと。
「モチベーションを上げろ!」 そんな上司の言葉には反応しないがこの日ばかりは自然と効率が上がったらしい。

18時30分21名を乗せ2艇で出港。
IMG_6747.JPG

IMG_6748.JPG

向かうは大正区のPIER34NORTH
http://pier34north.com/
日本離れしたロケーションでバーベキューが楽しめる。
陸路で行ける場所に船で行くのがミソ^^
非日常も大切なコンセプト。

IMG_6770.JPG

マジシャン筒井克佳先生がパフォーマーで参加、パーティーを盛り上げていただきました。
一芸マジックもご指導賜りありがとうございました。年末までに磨きをかけておきます。

平日の夜。
家に帰って体を休めることも大切ですが、効率よく仕事をこなして生まれた時間を有効に活用する。
だらだら残業は廃止して人間らしく生きる考え方、大切かもしれません。




posted by mizunomarine_gm at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする