2017年06月16日

ドイツより帰国しました

ドイツの救命ボートメーカーHATECK社のディーラーネットワークミーティングに参加した。
ミズノマリンは世界のマリンエンジンメーカー10社、救命艇メーカー17社と代理店契約があり、ディーラーミーティングや技術セミナー、ライセンス講習会等々で海外出張が極めて多い会社である。
IMG_9046.JPG
世界的なクルーズブームに則り、ヨーロッパでは豪華客船の建造が続いている。
HATECK社はクルーズ客船向けの大型救命艇業界でシェアーのNo1を誇るメーカーである。
直近に日本で建造された豪華客船にもHATECKが採用された。
IMG_9050.JPG
忙しさに社屋の増築が追い付かず、会議室は事務所と化し、仮設テントでのミーティングとなった。
今から105年前、タイタニック号の海難事故を契機に、海上安全に関する国際条約が年々厳しくなっている。
当時では本船の乗客定員に満たない救命ボート定員が合法であったが、今では乗客、乗員の2倍が救命ボートの定員と定められている。右舷側に転覆すると左舷側の救命ボートが海に降ろせなくなるからだ。
今回も新ルールの説明や、整備・検査業務時の事故防止等、安全をテーマーにした2日間の会議となった。
IMG_9015.JPG
夕食の懇親会場へは最新豪華客船用テンダーボートでお出迎えだ。
22か国からの参加で、同業社ではあるが仕事をしている環境が違うので懇親会での話しが面白い。
ドバイでは気温50℃の中2交代で整備をしロシアではマイナス50℃の環境下で仕事をする。温度差が100℃ある中で共通の目的である安全を目指して仕事をする仲間たちだ。
現地2泊の強行軍ではあったが有意義なミーティングだった。
IMG_9026.JPG


posted by mizunomarine_gm at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。