2017年01月06日

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 謹んで新年のご挨拶を申し上げます

旧年中は格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございました。
新年も皆様にとって実り多きものになりますよう
心よりお祈り申し上げます。

バブル経済で日本が浮かれていた1989年1月にマリンエンジン専門の整備会社として起業し、今年で29年目を迎えます。
創業当時の整備業務は今も変わることなくミズノマリンの中核事業として成長しつづけています。
国際海事機関(IMO)のルール変更に伴い大型船搭載の救命ボート検査事業がスタートしたのが2006年で、
こちらも12年目を迎えます。
時代は早いスピードで変化し続ける中、今ミズノマリンが行う船舶整備とは何なのか、エンジントラブルで船の稼働を止めないには今何をすべきか、そんな事ばかりをワクワク考えながら本年も仕事に打ち込む所存です。

昨年参加させていただいた勉強会でトヨタ自動車東日本の内川名誉顧問から素晴らしいお言葉をいただきました。仕事は誰のためにやっているのかといったテーマです。
「自分たちが製造した自動車を使っていただくお客様がどれだけ満足をいただけるかに尽きる」
ありふれたセリフと捉えがちだが内川顧問の言葉には重みがある。
「自分たちが整備した船を使っていただくお客様がどれだけ満足いただけるか」に置き換えて新たな1年をスタートします。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
169A8334.JPG


posted by mizunomarine_gm at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。