2015年08月20日

石垣ウォータージェット事業開始

2015年8月より株式会社石垣のウォータージェット事業部をミズノマリンが引き継ぐことになった。
20年近くにわたり同社が開発、販売しつづけた事業は日本のマリン業界で多大な影響力がある。
レジャーボートのみならず海上保安庁、防衛相、漁業取締船等の国家や環境を守る船への搭載が数百機あり
今後30年は稼働し続ける。
これら推進装置のアフターマーケットをサポートする責務は重大で身が引き締まる思いである。

船舶は多くの舶用機器で構成されるが、弊社はエンジンと推進装置を担当する。
故障するとその瞬間から航行が不能となる最も重要な役割を担っている。

事業継承にあたり一年以上の準備期間があった。
まずは技術の継承だ。
他社Jetメーカーでは10年以上の整備経験があるが、石垣には石垣にしかない技術とノウハウがある。

IMG_0900.JPG

石垣社での技術講習やドック作業でのOJTを繰り返しノウハウを学ぶ。
ご教示いただいたノウハウをミズノマリン社内に伝える。

IMG_0898.JPG

パーツの供給も重要な役割だ。
エンジンとは違い構成部品は少ないとないえ機種が豊富で個々に仕様が異なる。
極端に言えば1台ごとに別のパーツリストが存在するカスタマイズ品なのだ。
大変な仕事だからやりがいがあるとパーツ部マネージャーは苦笑いをする。
パーツの製造、調達が早くもスタートした。

今後、石垣Jetとしての新たな完成品を供給することはない。
しかし石垣ライセンスのJetは健在である。
フィンランドのalamarin−jet社がライセンス契約のもと一部の機種からせでに販売を開始した。
日本人が設計した舶用製品をヨーロッパで製造するビジネスモデルに世界がどのような反応を示すのか
目下興味深く状況を伺っている。

DSC_0006_1.JPG

新たな責務を担い今日も元気に頑張っています。



posted by mizunomarine_gm at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする