2014年08月12日

大阪地域創造ファンド事業認定!

東日本大震災以降、ミズノマリンでは長年培った救命艇整備のノウハウを技術を駆使した新規事業、
救命艇シェルターの開発を進めている。
近未来に発生が予測されている南海トラフ地震の被害想定を少しでも軽減させる事が事業の目的だ。
ただ “近未来” ほどあやふやな言葉はない。
今日かもしれないし10年先かもしれない。

締切のある事項に対して人は計画的に動くが、納期が漠然と近未来であれば、あとは情熱で進めるしかない。

IMG_6459.JPG

このたびミズノマリンの救命艇シェルター事業がおおさか地域創造ファンド豊能地域支援事業に採択されました。
大規模災害に対する備えが高く評価されたのです。

ボートショーでも出展した試作艇モデルを基に、本フェンド資金を活用して、さらなる強度と利便性を兼ね備えたモデル
を開発いたします。
2014年度に設計を完了し、2015年度にはニューモデルを完成させる計画です。
締切のない計画は口外しまくって自分を突き動かす手法です。

「わが社には救命艇シェルターがある」 水際で働く人々の守護神的な役割が理想です。
出来れば一生実用されたくない艇ではありますが、一日も早い完成を目指します。
地域創造ファンドの期待を裏切ることのないように。
posted by mizunomarine_gm at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする