2013年08月23日

伊谷営業本部長ありがとうございました

 ミズノマリンの伊谷営業本部長が8月17日、60歳の若さでご逝去された。1978年西武マリンに入社、VOLVO PENTA JAPANエンジン営業部長をへてトップハンティングで弊社に電撃移籍。
今日まで30年以上日本のマリンエンジン業界に君臨された重鎮であった。
成蹊高校では安部晋三現内閣総理大臣をクラスメイトに持ち、隣席で学業に励み、西武マリン時代は日本初、ジェットスキーのテストドライバーとしても活躍された。
1992年にボルボペンタ・アジアパシフィック(現VOLVO PENTA JAPAN)に入社され私はここで伊谷氏と出合った。
外資系企業ではドライなビジネスをされる方が多い中、伊谷氏のスタイルは違っていた。
こちらが忘れているような小さな約束でも必ず守り、代理店が困っている時は休日返上でビルの守衛に入室セキュリティーを解除してもらってでも顧客のサポートを徹底的にやってのけた。 
自作の営業マニュアルは、商品を売ることよりも、何を使ってもらえばお客様に満足いただけるかが一目でわかるように数々の工夫が施されていた。そんな虎の巻を惜しげもなく私にくださり最近まで愛用していた。


伊谷供花1.JPG伊谷供花2.JPG伊谷供花3.JPG供花4.JPG


亡くなる前日には子供の頃によく通った地元の市民プールで50年来の親友が集まりサマーバケーションをエンジョイされた。
「そこで食べたかき氷が別れの杯になるとは・・・」 親友細野氏の弔辞は涙がとまらなかった。

サーフボード.JPGギター.JPG

伊谷氏は多趣味であった。
祭壇の両脇には若い頃、友人と熱中したフォークギターとサーフボードが立てかけられていた。
愛妻家で奥様とユーミンのコンサートに出かけた近況報告は何度も聞かされた。
自分の自慢話しは一度もされたことは無いが、コンサートのチケットを手配してくれる友人の自慢話しは幾度となく聞かされた。
利己のかけらもない、絶えず利他を考える、人が大好きな人だから多くの人に愛されたのだろう。

伊谷VOLVO.JPG

長男雄氏の挨拶で、親父は自分より早く会社に行き自分より遅く会社から帰る、大好きな趣味の延長で仕事を楽しんでいるように思えたとの
コメントがありました。確かに乗り物が大好きで、自転車、バイク、自動車とすべてを現役でこなしていた。北海道で1日1,000Kmを走破する営業活動に付き合わされ、うんざりしたのはつい最近のことである。
そして日本で誰よりVOLVO PENTAを愛し続けた男が最後に乗った自動車がVOLVO。偶然なのか誰かの計らいなのかは不明のままだ。

伊谷遺灰.JPG

私は8年前、父を亡くした時、時間の都合上でどうしても火葬場に行けなかった。
そのせか未だに父が亡くなった実感が無い。
今回はどうしても火葬場までご一緒したくて無理にご家族にお願いをした。
そうすることによって確実に何かが吹っ切れた。

伊谷さん、長い間お世話になりました。
伊谷塾でご教示いただいた数々の教訓は必ず受け継いで次の世代に伝えます。
本当にありがとうございました。
今まで頑張り続けた分、ゆっくりお休みください。


お通夜に、葬儀に遠路わざわざ駆けつけていただきました関係各所の皆様に心より御礼申し上げます。
そして沢山の供花、弔電をいただきました方々へも重ねて御礼申しあげます。
ありがとうございました。

伊谷営業本部長の意思を受け継ぎ、平均年齢が1歳若返ったミズノマリンメンバーで力をあわせて頑張ります。



posted by mizunomarine_gm at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

裏方の仕事

裏方の仕事.JPG

私は華やかな表舞台より、裏方の仕事が好きです。
事業テーマが決まれば企画、計画、役割分担から始まって
予算組み、協力者への賛同を求め依頼し、調達、仕入れと段取りを進める。
仕事でも遊びでも社会活動でも手順はすべて同じこと。

画像は洲本花火大会の当日、本番を数時間後に控えた最後の打合せ風景です。
こんなシーンに深い感動を覚えます。
安全に花火が打ち上げられ、皆様が感動してくれることを願い最終の準備を行う場面。
何事も準備が8割本番2割の法則に基づくと確信しています。

マリンエンジンの整備も華やかなクルーザーからは予想も出来ない裏方中の裏方。
縁の下の力持ちをサポートする生業です。
夏真っ盛り、沢山の船とマリンエンジンが活躍しています。
そんな裏方でミズノマリンのスタッフが見えないところで見えないロマンを感じながら活躍しています。
これからも裏方の仕事を続けていくつもりです。

裏方の仕事2.JPG


posted by mizunomarine_gm at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする